第1種衛生管理者 衛生管理者の勉強法:労働衛生

衛生管理者の勉強法:労働衛生2-3.(化学的要因と疾病)

〇粉じん

☆粉じんの種類とじん肺

  

☆金属による健康障害

  

☆窒息性ガスによる疾病と特徴

  

☆刺激性ガスによる疾病と特徴

☆有機溶剤に共通の特徴

〇有機溶剤の特徴
・脂溶性(脂肪に溶けやすい)→脳に入りやすい
・引火性
・揮発性
・蒸気は一般に空気より重い
・呼吸器や皮膚から吸収されやすい
・皮膚粘膜刺激作用→角化、亀裂、湿疹、結膜炎
・中枢神経麻酔作用→低濃度で繰り返し曝露された場合、めまい、物忘れ、不眠などの不定愁訴

  

☆有機溶剤の健康障害

  

☆職業がん

ある作業に従事することにより、その職業に特有な発がん因子に曝露して発症する癌のこと

一般の癌に比べてやや若年で発症ひ、その潜伏期が平均で10~30年ときわめて長いことが特徴

  

☆酸素欠乏症

酸素濃度が18%未満の状態を酸素欠乏といい、一般的に酸素濃度が約16%以下になると、脳の障害や循環器の障害といった酸素欠乏症状が起こる。

おすすめの参考書と過去問

こちら2冊は実際に合格のために使用したものとなります!!

第2種衛生管理者の過去問集はこちら

過去問集はまだ'21~'22年版が出てなさそうですね

出次第リンクを更新しますね!

-第1種衛生管理者, 衛生管理者の勉強法:労働衛生

© 2021 かめちゃん労働衛生相談所 Powered by AFFINGER5